ジョイントマットの噛み心地!?

こんにちは(*´ω`*)

雨降ったっけ?ってくらい短い梅雨でしたね

気温も一気に上昇して、毎日のように熱中症のニュースも目にするようになりました

 

さて、コロナ禍になって当院で4例目、ジョイントマットをかじって飲み込んでしまった猫ちゃんの緊急手術を6月末に行いました

 

最近は100円均一でも売ってあるジョイントマット。

特に、小さいお子さんがいたり、ペットを飼っているご家庭は使用率が高いように感じます

このジョイントマット、なぜか猫ちゃんの誤飲が多いのです

つなぎ目の部分が気になるのか、あの弾力が好みなのか、かじってしまうようです

(ネットで検索すると、かじるのが好きな子が多いようです)

 

1歳のゴロー君が、4日前から食べてはすぐに吐いてしまうという事で当院にやってきました

数日食べれていないので、元気ももちろんありません

普段は食欲旺盛!拾い食い癖があるゴロー君

お家にあるジョイントマットをかじって食べることもあるとのこと

誤飲の可能性がないか確認のためレントゲンを撮ることに

すると・・・・・・

 

ゴロー君のお腹の中に、通常では見られない怪しい影が

IMG_2250

この日は夕方の来院だったため、胃腸を動かす治療をして様子をみることにしました。

 

次の日の朝、吐き気は改善されておらず、元気も無いまま

ジョイントマットを食べていてもおかしくないと、飼い主さんも覚悟を決めて来られ、緊急開腹手術をすることに

無事、怪しい影のものを取り除くことができました

怪しい影の正体は・・・・

 

しっかりジョイントマットでした

InkedIMG_2248

影とピッタリ形が同じですね(笑)

胃や腸を切る手術の後は、当院では通常1週間ほど入院してもらいます

しかし1歳のゴロー君、若いので麻酔からの醒めも順調で、手術の3時間後には激しくシャーシャーとご立腹

お世話も治療もさせてくれそうにないため、入院はせずに通院治療となりました

お家に帰ってからは一度も吐くことはなく、指示をしていた食事も催促されて困るほど、みるみると回復していきました

抜糸まで終わったゴロー君

IMG_2257_R

「かじってはいるけど、食べてはない!」「かじっているけど、いつも吐いているから大丈夫です!」と問診でよく耳にします

いつものこと・・・と思っていたことが、緊急手術をしなければならない事態に繋がることがあります

よくかじるなぁ・・・と思ったら、取り除くことの方が無難ですよ

 

実は、ゴロー君がひと段落した頃、今度はワンちゃんが石を食べた・・・と誤飲はまだまだ続くのでした

厄介な季節の到来☂

こんにちは(*´ω`*)

先週、九州よりも先に関東甲信越地方の梅雨入りが発表されました

イヤ〜な季節の到来です

また今年も災害級の大雨になるのでしょうか

 

その前に確認しておいてほしいのが、危険を知らせるスマートフォンの、あの緊急アラート

地震や避難勧告の通知として大事なのはもちろんなのですが、とにかくビックリしますよね

人間でも鳴る度に驚かされるのに、聴覚の良い猫や犬やウサギにはサイレン並みに聞こえているでしょう

 

このアラートがストレスで、食欲が落ちたり下痢や嘔吐といった症状を起こしてくる子、更には雷でパニックを起こす子が梅雨の時期は増えます

特に猫に至っては、膀胱炎(ストレス性膀胱炎)にまでなってしまったり・・・

だからと言って、アラートを消してしまうと、いざという時困ります

一応、音を小さくできるようになっていますが、あまり変わらず大きいまま(←経験済み)

では、どうしたらいいのか・・・

一番は、普段から大きな音に慣れさせておくことですが、まずは、声をかけたり、抱っこしてあげたりしてなだめてあげましょう

それでも落ち着かない子には、早めに病院にご相談ください
その子その子に合わせた対処を一緒に考えていきましょう

本格的に梅雨に入る前に準備しておくと、安心ですよ

 

話は変わりますが、6月1日よりブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。

今お家にいる犬や猫に関しては、装着義務はありませんが、装着するよう努めてください(努力義務)と環境省は言っています

装着に関して、また登録に関して色々詳しく書くと、ここには収まり切れないのと、長くて読むのに飽きると思うので、一つだけお伝えすることにします

マイクロチップにGPS機能は付いておりません

 

以上。

より詳しく知りたい方、病院に来ていただければ資料を見ながら井上院長が優し〜く説明してくれますので、気軽にご来院くださいね

6、7月の診察スケジュール

6、7月の休診日は下記の通りです。
お知らせするのが遅くなってしまい、申し訳ありません。

6月9日(木)臨時休診
7月12日(火)臨時休診
7月18日(月・祝)祝日のため休診
毎週水曜日
毎週土曜日午後

6月8日、9日と7月12日、13日は連休となりますのでご注意ください!

だいぶ暑くなってきました!室温の管理が難しい時期ですが
熱中症に注意しましょう!

飲み過ぎにはご用心!

こんにちは(*´ω`*)

制限のないG.W、皆さん満喫できましたか?

色々な声はあるかもしれませんが、たまには息抜きも必要ですよね

 

そんなG.W最終日、当院に一本の電話が

『犬がグッタリしています!さっきケイレンも起こしました。熱中症かもしれません‼』

トイプードル、シュウくんのお父さんからでした。

ケイレン中に身体を動かすのは危険です電話の時点でケイレンは治まっているとのことだったので、すぐに病院に連れてくるよう伝えます

 

シュウくんは9カ月の去勢済みの男の子

犬種と月齢から、低血糖も推測されるので、検査の準備をして待ちます。

そして来院。シュウくんの状態は...

 

ガタガタと震えてはいるが、尾を振るくらいの意識はあり。

ボタボタと異常にヨダレが垂れている。

呼吸は速いが、ハァハァといったパンティングはみられない。

 

まずは体温を測ります。犬の平均体温は38.5℃です。

シュウくんは37.5℃・・・・・・あれ?むしろ低い

『保冷材で冷やしながら連れてきました』と飼い主さん

熱中症を疑う時の対処としては間違っていません

次に血糖値を測定。結果は正常値よりも高めで、低血糖ではありません

では、いったい何だ

 

飼い主さんに、体調が変化する前の様子を確認してみると

①朝の10時頃に30分くらい散歩に行った

②散歩から帰ってきて、お婆ちゃんとお庭の木陰で日陰ぼっこ

確認の最中も、シュウくんのヨダレは止まりません

更に詳しく聞いていくと、シュウくんはもともと何でも食べてしまうようで、散歩中も拾い食いをしてしまうとのこと

拾い食いをしたことによる中毒かはたまたお婆ちゃんがお庭で何か食べさせたか

『他に、いつもと変わった様子だと、子どもが水をたくさん飲んだと言っていました。ふだんはそんなに飲まないのに、ペットボトルの半分は飲んだみたいです。』

ペットボトルの半分というと、500mlの半分?・・・ん?250mlを一気飲み?!!!!!

シュウ君の体重は3.1kg。

犬の1日の飲水量は1kgあたり100mlまでです。これを越していると、何かしらの病気の可能性があります

 

シュウくんはこのまま預かり、詳しく検査をすることに。

血液検査の結果、肝臓 腎臓は異常なし

しかし、電解質のナトリウム(Na)が低くなっています。

低ナトリウム血症です(またの名を水中毒とも言います)

 

シュウくんは1日分のお水を一気に飲んでしまったことで、ナトリウム(Na)が希釈され、体液の濃度が急激に薄まってしまい、ケイレン 震え ヨダレといった症状が起きていたのです

他にも意識障害、不整脈などさまざまな症状も起こします

 

夏は熱中症にならないよう、小まめに水分を摂りますよね

その時に、「塩分も一緒に摂りましょう!」と一度は目にしたり耳にしたことがあるかと思います

これは、熱中症対策で低ナトリウム血症にならないようにするためだったのです

夏場になると、塩あめも売ってあったりしますよね

 

原因が分かったシュウくんは、点滴をしてナトリウム(Na)の補正を行い、数時間で回復低かったナトリウム(Na)も正常値に戻り、退院しました

 

これから暑くなってくると、熱中症に気を付けないといけません

だからといって、低ナトリウム血症になったら怖い心配だから水は与えずにお留守番してもらおう!は間違いです

部屋の温度を冷房で調節し、水は飲みたい時に飲めるようにしておきましょう

 

時々、『うちの子、ぜんぜん水を飲まないんです、、、』という質問をされます。

のどが渇いてない時は、人だって飲みませんよね動物も同じです

しかし、いつも以上に水を飲む場合は病気のサインだったりするので、気になる時はいつでもお問い合わせください

 

蒸し暑くなってきて、井上院長1人頭から汗を大量に流して診察しています

電解質大丈夫かな?・・・・あ、夜の晩酌で調節してるのか

お腹を気にして、ビール→赤ワインにシフトチェンジしたみたいです

これ以上載せると、ボーナスに影響が出そうなのでこの辺にしておきま~す(笑)

春の健康診断キャンペーン 始まってま〜す☆彡

こんにちは(*´ω`*)

が開花したと思ったら、いつの間にか散っていて、夏日になる日もちらほら

井上院長、すでに汗だくです(寒がりな私はいまだに暖房器具の前でじっとしています)

 

昨年4月に入社した新人スタッフ2人、あっという間に2年目に突入です

そろそろ胸元の若葉マークも外していいんじゃないかなぁ〜と感じるくらいまで成長してくれました

さぁ、いつ外せるのか最終判断は井上院長です

 

さて、ただいま春の健康診断キャンペーンを行っています

1年ぶりに来てみたら、体重が・・・ という子たちがちらほら

もう、コロナ太りは通用しませんよ〜

予約制ではありませんので、気になったらぜひこの機会に受けてみませんか

キャンペーンは4月末までとなっております

 

4月、5月の診察スケジュール

4月、5月の休診日は下記の通りです。
ブログを書くのが遅くなってしまい、申し訳ありません・・・。

4月
29日(金・祝)祝日のため休診

5月
3日(火・祝)祝日のため休診
4日(水・祝)祝日のため休診
5日(木・祝)祝日のため休診

毎週水曜日
毎週土曜日午後

狂犬病ワクチンやフィラリア予防の始まるシーズンです。
混み合っていることもありますので、時間に余裕をもってご来院ください。

わかば動物病院 井上

狂犬病予防ワクチン接種が始まります!

こんにちは(*´ω`*)

もう3月!!! 気温も一気に上がってきましたね

 

さて、当院では3日より令和4年度狂犬病予防接種を開始しております

お住いの市町村にワンちゃんを登録していれば、そろそろ役場から下の見本のようなお知らせ (はがき又は封筒) が届くと思います

 

20160329_1316752

捨てたり紛失したりしないように

狂犬病ワクチン接種でご来院の際は、必ずその役場から届いたはがき又は封筒を持って来てください

(※登録がまだの場合は必要ありません)

登録情報に誤りはないか、変更はないか、一つずつ確認しなければなりません

(人で言う、マイナンバー情報になります

受付の際に確認いたしますので、事前にお手元に用意していただけると助かります

 

ワクチン接種をご希望の際は、午後5時までにご来院ください

また、ワクチン接種の前後1週間はシャンプーや旅行もお控えください

 

時期的に駐車場が満車、更には待ち時間が長い・・・という状況が多発します

第二駐車場もございますので、ご利用ください

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします

3月の診察スケジュール

3月の休診日は下記の通りです。

1日(火)臨時休診日
21日(月)祝日のため休診
毎週水曜日
毎週土曜日午後

1日、2日は連休となりますのでご注意ください。

3月24日(木)から4月末まで春の健康診断キャンペーンを実施します。
詳細は追ってこのブログにアップします!

わかば動物病院 井上

いつも通りの生活を♬

こんにちは(*´ω`*)

あっという間に2月ですね

年末から少しづつ第6波の兆候が見えていた新型コロナウイルス、ニュースで毎日過去最多・・・・・・もううんざりです

 

学級閉鎖やリモートワーク再開等で、お家時間が増えて、いつも以上に動物と接してあげられる

 

と思っている皆さん!絶対にいつも以上にかまうのはやめましょう

 

ここ数日、かまわれることのストレスで体調を崩してくる子が増えています

わんこは嘔吐や下痢、食欲不振などのストレス性胃腸炎、にゃんこはストレス性膀胱炎で頻尿や排尿障害、更には腎機能障害にまで陥り入院・・・

ましてやこの時期は猫の発情シーズンでもあり、気が立っている子たちがたくさん

避妊手術、去勢手術のお問い合わせも多く寄せられています

 

ストレスで体調を崩し、大嫌いな病院に連れて行かれストレス・・・避妊手術・去勢手術で来ている子たちと同じスペースに入院させられストレス・・・

(当院、ご存知の通り決して大きくはありませんので、入院スペースにも限りがあり、現在ひっ迫しております!)

 

どうか今一度、かまいすぎていないか、ストレスを与えるような生活スタイルに変わっていないかの見直しをお願いします

 

2月の診察スケジュール

2月の休診日は下記の通りです。

11日(金)祝日のため休診
17日(木)臨時休診日
23日(水)祝日のため休診
毎週水曜日
毎週土曜日午後

16日(水)、17日(木)は連休となりますのでお気をつけください。

わかば動物病院 院長 井上