カテゴリー別アーカイブ: 未分類

飲み過ぎにはご用心!

こんにちは(*´ω`*)

制限のないG.W、皆さん満喫できましたか?

色々な声はあるかもしれませんが、たまには息抜きも必要ですよね

 

そんなG.W最終日、当院に一本の電話が

『犬がグッタリしています!さっきケイレンも起こしました。熱中症かもしれません‼』

トイプードル、シュウくんのお父さんからでした。

ケイレン中に身体を動かすのは危険です電話の時点でケイレンは治まっているとのことだったので、すぐに病院に連れてくるよう伝えます

 

シュウくんは9カ月の去勢済みの男の子

犬種と月齢から、低血糖も推測されるので、検査の準備をして待ちます。

そして来院。シュウくんの状態は...

 

ガタガタと震えてはいるが、尾を振るくらいの意識はあり。

ボタボタと異常にヨダレが垂れている。

呼吸は速いが、ハァハァといったパンティングはみられない。

 

まずは体温を測ります。犬の平均体温は38.5℃です。

シュウくんは37.5℃・・・・・・あれ?むしろ低い

『保冷材で冷やしながら連れてきました』と飼い主さん

熱中症を疑う時の対処としては間違っていません

次に血糖値を測定。結果は正常値よりも高めで、低血糖ではありません

では、いったい何だ

 

飼い主さんに、体調が変化する前の様子を確認してみると

①朝の10時頃に30分くらい散歩に行った

②散歩から帰ってきて、お婆ちゃんとお庭の木陰で日陰ぼっこ

確認の最中も、シュウくんのヨダレは止まりません

更に詳しく聞いていくと、シュウくんはもともと何でも食べてしまうようで、散歩中も拾い食いをしてしまうとのこと

拾い食いをしたことによる中毒かはたまたお婆ちゃんがお庭で何か食べさせたか

『他に、いつもと変わった様子だと、子どもが水をたくさん飲んだと言っていました。ふだんはそんなに飲まないのに、ペットボトルの半分は飲んだみたいです。』

ペットボトルの半分というと、500mlの半分?・・・ん?250mlを一気飲み?!!!!!

シュウ君の体重は3.1kg。

犬の1日の飲水量は1kgあたり100mlまでです。これを越していると、何かしらの病気の可能性があります

 

シュウくんはこのまま預かり、詳しく検査をすることに。

血液検査の結果、肝臓 腎臓は異常なし

しかし、電解質のナトリウム(Na)が低くなっています。

低ナトリウム血症です(またの名を水中毒とも言います)

 

シュウくんは1日分のお水を一気に飲んでしまったことで、ナトリウム(Na)が希釈され、体液の濃度が急激に薄まってしまい、ケイレン 震え ヨダレといった症状が起きていたのです

他にも意識障害、不整脈などさまざまな症状も起こします

 

夏は熱中症にならないよう、小まめに水分を摂りますよね

その時に、「塩分も一緒に摂りましょう!」と一度は目にしたり耳にしたことがあるかと思います

これは、熱中症対策で低ナトリウム血症にならないようにするためだったのです

夏場になると、塩あめも売ってあったりしますよね

 

原因が分かったシュウくんは、点滴をしてナトリウム(Na)の補正を行い、数時間で回復低かったナトリウム(Na)も正常値に戻り、退院しました

 

これから暑くなってくると、熱中症に気を付けないといけません

だからといって、低ナトリウム血症になったら怖い心配だから水は与えずにお留守番してもらおう!は間違いです

部屋の温度を冷房で調節し、水は飲みたい時に飲めるようにしておきましょう

 

時々、『うちの子、ぜんぜん水を飲まないんです、、、』という質問をされます。

のどが渇いてない時は、人だって飲みませんよね動物も同じです

しかし、いつも以上に水を飲む場合は病気のサインだったりするので、気になる時はいつでもお問い合わせください

 

蒸し暑くなってきて、井上院長1人頭から汗を大量に流して診察しています

電解質大丈夫かな?・・・・あ、夜の晩酌で調節してるのか

お腹を気にして、ビール→赤ワインにシフトチェンジしたみたいです

これ以上載せると、ボーナスに影響が出そうなのでこの辺にしておきま~す(笑)

春の健康診断キャンペーン 始まってま〜す☆彡

こんにちは(*´ω`*)

が開花したと思ったら、いつの間にか散っていて、夏日になる日もちらほら

井上院長、すでに汗だくです(寒がりな私はいまだに暖房器具の前でじっとしています)

 

昨年4月に入社した新人スタッフ2人、あっという間に2年目に突入です

そろそろ胸元の若葉マークも外していいんじゃないかなぁ〜と感じるくらいまで成長してくれました

さぁ、いつ外せるのか最終判断は井上院長です

 

さて、ただいま春の健康診断キャンペーンを行っています

1年ぶりに来てみたら、体重が・・・ という子たちがちらほら

もう、コロナ太りは通用しませんよ〜

予約制ではありませんので、気になったらぜひこの機会に受けてみませんか

キャンペーンは4月末までとなっております

 

4月、5月の診察スケジュール

4月、5月の休診日は下記の通りです。
ブログを書くのが遅くなってしまい、申し訳ありません・・・。

4月
29日(金・祝)祝日のため休診

5月
3日(火・祝)祝日のため休診
4日(水・祝)祝日のため休診
5日(木・祝)祝日のため休診

毎週水曜日
毎週土曜日午後

狂犬病ワクチンやフィラリア予防の始まるシーズンです。
混み合っていることもありますので、時間に余裕をもってご来院ください。

わかば動物病院 井上

狂犬病予防ワクチン接種が始まります!

こんにちは(*´ω`*)

もう3月!!! 気温も一気に上がってきましたね

 

さて、当院では3日より令和4年度狂犬病予防接種を開始しております

お住いの市町村にワンちゃんを登録していれば、そろそろ役場から下の見本のようなお知らせ (はがき又は封筒) が届くと思います

 

20160329_1316752

捨てたり紛失したりしないように

狂犬病ワクチン接種でご来院の際は、必ずその役場から届いたはがき又は封筒を持って来てください

(※登録がまだの場合は必要ありません)

登録情報に誤りはないか、変更はないか、一つずつ確認しなければなりません

(人で言う、マイナンバー情報になります

受付の際に確認いたしますので、事前にお手元に用意していただけると助かります

 

ワクチン接種をご希望の際は、午後5時までにご来院ください

また、ワクチン接種の前後1週間はシャンプーや旅行もお控えください

 

時期的に駐車場が満車、更には待ち時間が長い・・・という状況が多発します

第二駐車場もございますので、ご利用ください

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします

グレインフリーは体に良い!?

こんにちは(*´ω`*)

早いもので、今年も残り2カ月を切りました

まだまだ油断はできませんが、新型コロナウイルス新規感染者も減り、少しほっとしますね

 

皆さんは、体に気を使って食事を『グレインフリー』もしくは『グルテンフリー』にしていますか

最近、市販のペットフードにもこの『グレインフリー/グルテンフリー』と表記された商品をちょこちょこ見かけます。

グレインフリーとは、穀物を原材料に使用していないということを指します

グルテンフリーとは、麦類全般に含まれているタンパク質の一種が使用されていないという意味なのですが、最近は麦類が入っていないという意味で用いられることもあります

 

ではこのグレインフリー/グルテンフリー、どんな子におすすめかと言うと・・・

穀物に対して食物アレルギー体質の動物

穀物に対して食物アレルギーの可能性がある症状がある動物(皮膚トラブルや下痢)

になります‼

 

診察で、今食べているご飯は何ですか?と尋ねると、『〇〇(メーカー名)のグレインフリーを・・・』、『ネットでグレインフリーのを見つけたので、それを・・・』と、最近よく耳にします

更に、なぜそのご飯にしようと思ったのですか?と質問すると、ほとんどの方が『体に良さそうだから』、『人でも流行っているから』と答えられます

 

では、本当に体に良いのか・・・・・・・・・

 

答えは、『基本的にメリットはなく、場合によっては避けた方が良い』 と当院は考えています

 

先ほどにも書いたように、穀物に対して食物アレルギーの動物(食物アレルギー検査をした動物)や、その可能性がある症状の動物には、食べさせるメリットはあります

しかしながら、穀物を制限する代わりに肉類や豆類が多く含まれることによって『高タンパク』、『高リン』というデメリットに繋がってしまう場合があります

人では、ダイエットや筋肉のためにと低糖質・高タンパク食品がたくさん出回っています(私も体重が増えたときは意識して買ったりしています)

グレインフリー/グルテンフリーのフードは炭水化物の割合が少ない分、タンパク質(肉や魚)の割合が高くなっている場合があります

高タンパクは、成長期の動物やスポーツドッグなどにはおススメですが、腎臓病や尿石症の動物はタンパク質を制限する必要があります。特に高齢の動物は、血液検査で腎臓の数値が正常だったとしても、腎臓病が隠れている可能性があるので、高タンパクは避けたほうがいいでしょう

リンとはミネラルの一種で、肉に多く含まれています。たくさん摂取してしまうと、カルシウムとのバランスが崩れてしまい骨が弱くなったり、尿石症へのリスクが高まったり、腎臓病を悪化させることがあります

またアメリカでは2018年に、グレインフリーフードによりタウリン欠乏症になり、拡張型心筋症という心臓病を引き起こすという報告も上がっています

(※日本での報告は今のところありません)

 

当院に来る尿石症の子たち、なぜかネットで買ったグレインフリーフードを食べている子が多いです

続けて多いのが、下痢 本来なら、お腹の調子を整えてくれるはずが、食物繊維が豊富すぎるせいか下痢になってくる子が目立ちます

 

どうしても、『獣医師推奨‼』と書いてあると体に良いと思い込み、購入を決めてしまいがちです

ですが、獣医学会やセミナー、講演会等で『グレインフリー/グルテンフリーにしましょう』という議題は、実はほとんど発表されていません

 

健康な動物が、グレインフリー/グルテンフリーのフードを食べても、何か体に良い影響がある訳ではありません

 

もし、うちの子のフードは合っているのか?と悩んだときは、いつでも気軽にご相談ください

 

ちなみに井上院長は、『俺は肝臓が悪くなって、医者にお酒をやめるように言われても、絶対にやめない‼‼』と言い張っていました

9月17日(金)の診療について

9月17日(金)の診療についてお知らせします。
現在、台風14号が九州に接近しており、上陸の恐れもあるとの情報があります。

そのため、17日は臨時休診にする可能性がありますのでご注意ください。
臨時休診にする場合には、明日朝8時前後にこのブログ上でお知らせします。

わかば動物病院 井上

悪天候で体調不良

こんにちは(*´ω`*)

今年もやっぱり大雨に

被災に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 

長く続いた雨、やっと青空が見えてきたと思ったら、今度は台風が発生しやすい時期に突入です

(ま~た野菜が高くなるのかなぁ

 

先日の大雨、緊急アラートでスマートフォンに何度も驚かされたことと思います。

かなり大きな音じゃないですか

人間でもビックリするのに、聴覚に優れた動物がビックリしない訳ありません

あの大雨の中、病院に来る子のほとんどが 嘔吐 下痢 食欲不振 でした。

気圧の変化で、体調を崩す動物はとても多いです

(私も低気圧頭痛によく悩まされます)

それに加えて、突然鳴り出す緊急アラート

これがストレスとなって、嘔吐 下痢 食欲不振 を引き起こしてしまうのです

 

しかし、『1回や2回の嘔吐・下痢なら、ちょっと様子見てみよう

と思って、そのまま様子を見ていたけど、なかなか治りません・・・と、2~3日経って病院に来られる方。

また、『食欲がここ2日くらいありません。でも、おやつは食べました

と言って病院に連れて来られる方。

この2つ、とても多いです

人間が2日も3日も下痢・嘔吐が続いたら、どうしますか

仕事や学校なんて、行ってられないですよね

体調が悪くて食欲が無いお子さんに、何か食べるものを・・・と思ってポテトチップスやチョコレートは与えないですよね

下痢・嘔吐は、場合によっては大きな病気が隠れているサインでもあります

そして、おやつでは栄養は補えません

いつもと様子が違うな?と感じたら、大事に至る前に対処してあげましょう

何かあってからでは、後悔しか残りませんよ

病院に連れて行ったほうがいいか迷う時は、お電話で問い合わせてもらっても構いません

 

まだまだ不安定なお天気が続きそうです。コロナウイルスの感染も拡大しています

動物も人間も より一層、体調管理に気を配りましょう

 

8月20日は井上院長の4?歳の誕生日でした

年齢は・・・ぜひ病院に来られた時に尋ねてみてください

年相応なのか・・若く見えるのか・・老けて見えるのか・・

年齢を聞いた時のリアクションによっては、診療代が変わるかもしれません(笑)

 

ちなみに、兎年です🐰

 

8月の診察スケジュール

8月の休診日をお知らせします。

9日(月) 振替休日のため休診
15日(日) お盆休み
19日(木) 臨時休診
毎週水曜日
毎週土曜日午後

※8日(日)は祝日ですが通常通り診察いたします。
お間違えのないようにお願いします。

暑い日がまだまだ続きます。
犬や猫は基本的に汗をかけませんので暑さに弱いです。
クーラーをかけて、熱中症にならないように気をつけましょう!

7月の診察スケジュール

わかば動物病院の井上です。

7月の休診日は下記のとおりです。
23日(木・祝)祝日のため休診
24日(金・祝)祝日のため休診
毎週水曜日
毎週土曜日の午後

22日(水)から24日(金)は3連休となりますのでご注意ください。

本格的にこれから暑くなってきます。
熱中症にならないように、室温の管理に注意しましょう!

井上