いつも食べているものは・・・❔

こんにちは(*´ω`*)

いつの間にやら、過ごしやすい気温になりましたね

温度差で、体調を悪くされたりしていませんか?

秋はやっぱり『食欲の秋』につきますよね

焼き芋、ちょっとだけとついつい与えていませんかぁ〜

 

当院は食べ物に関して、少々厳しく指導しています。

理由はいくつかあるのですが、その前にコレ、何だと思いますか⁇

IMG_2022

コレらは、わんこにゃんこの膀胱から取り出した『結石』です

 

何度もトイレに行く・・・

排尿ポーズをとるのにおしっこが出ない・・・

おしっこが赤い、ピンク色・・・等々、こういった症状がある時は、『膀胱炎』や『尿石症(膀胱結石)』が疑われます

膀胱炎は、治療でほとんどの子が改善しますが、尿石症になると手術が必要になる場合があります

こんな石が膀胱の中でゴロゴロと動いていたら、さぞかし違和感で気持ち悪いはず・・・

 

では、尿石(膀胱結石)はなぜできるのか⁉

一つは、犬種・猫種による体質です。こればかりは、色々と気を付けていてもできてしまう子はいます

もう一つは、食べ物によるものです。ご飯(フード)やおやつが原因で結石が作られてしまうことがあります

 

さて、思い浮かべてください

皆さんのお家にいる子たちが毎日食べているご飯(フード)の名前とメーカー、パッと答えられますか

診察中に『いつも食べているご飯(フード)は何ですか?』と質問すると

7〜8割の方が答えられません

 

これ、人で例えたら恐ろしくないですか?特に、毎日ご飯を作る方なら尚更・・・。

お米や食パン、スーパーではだいたいいつも決まったもの選びますよね?

醤油やお味噌、メーカー変わると味も変わるから、いつも同じものを買っているはず・・・。

旦那さんや子どもにお遣いを頼むときは『〇〇のお味噌!』

違うメーカー買ってきたら、『これじゃない』←こんな会話、していませんか?(笑)

このように、ご飯(フード)の名前やメーカーがわからないと、何が結石の原因になっているのか、結石ができやすい原料で作られていないか、等の判断ができません

ペットブームの昨今、市販では沢山の種類のご飯(ペットフード)が売られています。

当然、私たちは全てを把握している訳ではありませんが、中には時々、結石が顕著に現れるなぁ・・・という種類のものもあります

食べ物で健康を保ってほしい・・・という願いで、いつも厳しく指導させてもらっています

 

9月27日(月)から10月いっぱいまで、『秋の健康診断キャンペーン』をおこないます

うちの子の膀胱に結石はできていないかと気になる方!

尿検査をすれば、結石の有無を知ることができます

お家で尿を採取して、その日のうちに持って来ていただくと検査可能です(前日の物、冷蔵保存したものは検査不対応です。)採取の仕方がわからないときは、いつでも気軽にお尋ねください!

キャンペーン中は通常の半額で検査できるので、この機会にぜひ尿検査もやってみませんか

そしてその時は、ご飯(フード)の名前も憶えて来てくださいね(笑)

 

そう言えば井上院長、ジョギングで5㎏痩せたらしいです‼

毎日会うのでスタッフは気づかず・・・

診察中、『先生痩せましたね!』と言われると機嫌が良くなりますので、お声かけよろしくお願いします(笑)

 

10月の診察スケジュール

10月の休診日は下記の通りです。

19日(火)午後臨時休診(午前中は通常診療)
毎週水曜日
毎週土曜日午後

※11日(月)はカレンダーでは祝日になっていますが通常通り診察しています。

毎年恒例の健康診断キャンペーンを10月末までやっています!
この機会にぜひぜひ健康チェックをやってみましょう!

わかば動物病院 井上

9月17日(金)の診察について(8時更新)

本日(17日)の診察についてお知らせします。
現在、台風14号が北部九州に接近しております。

ご来院いただく飼主様と従業員の安全を考慮し、本日は下記のとおり午後休診とさせていただきます。なお、午前中は通常通り診察しております。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

17日(金)
AM 通常診療(9:00〜12:30)
PM 臨時休診

18日(土)
AM 通常診療(9:00〜12:30)
PM 休診

わかば動物病院 井上

9月17日(金)の診療について

9月17日(金)の診療についてお知らせします。
現在、台風14号が九州に接近しており、上陸の恐れもあるとの情報があります。

そのため、17日は臨時休診にする可能性がありますのでご注意ください。
臨時休診にする場合には、明日朝8時前後にこのブログ上でお知らせします。

わかば動物病院 井上

当院内における新型コロナウイルスの発生と今後の対応について

9月6日、当院スタッフ1名が新型コロナウイルス感染症と診断されました。
鳥栖保健所に相談したところ、他のスタッフは濃厚接触者に該当しないということでしたので、
7日から診察を再開いたします。

6日(月)午後休診(院内の消毒作業を実施)
7日(火)通常診療
8日(水)休診日
※その後は通常診療予定

現在のところ他のスタッフには体調不良などの症状はありませんが、
もし、今後他に陽性者が出た場合は変更の可能性があります。
その際はこのブログ上にてお知らせいたします。

なお、院長の井上も体調は問題なく、ワクチン接種は2回終わっております。

井上

 

 

 

9月6日(月)は臨時休診とします

本日(9月6日)、当院のスタッフ1名から発熱があると連絡があり、
新型コロナウイルスのPCR検査の結果、陽性でした。

今のところ、その他のスタッフには発熱等の体調不良はみられませんが、
今後のことについては鳥栖保健所と相談した上で決定するため、
本日は臨時休診とさせていただきます。

今後のことについては、随時このブログ上にてお知らせいたします。

わかば動物病院 井上

9月の診察スケジュール

9月の休診日は下記の通りです。

2日(木) 臨時休診日
20日(月) 祝日のため休診
23日(木) 祝日のため休診
毎週水曜日
毎週土曜日午後

1、2日及び22、23日は連休となりますのでご注意ください。

9月27日(月)から10月末まで、「秋の健康診断キャンペーン」を実施する予定です!

わかば動物病院 井上

悪天候で体調不良

こんにちは(*´ω`*)

今年もやっぱり大雨に

被災に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 

長く続いた雨、やっと青空が見えてきたと思ったら、今度は台風が発生しやすい時期に突入です

(ま~た野菜が高くなるのかなぁ

 

先日の大雨、緊急アラートでスマートフォンに何度も驚かされたことと思います。

かなり大きな音じゃないですか

人間でもビックリするのに、聴覚に優れた動物がビックリしない訳ありません

あの大雨の中、病院に来る子のほとんどが 嘔吐 下痢 食欲不振 でした。

気圧の変化で、体調を崩す動物はとても多いです

(私も低気圧頭痛によく悩まされます)

それに加えて、突然鳴り出す緊急アラート

これがストレスとなって、嘔吐 下痢 食欲不振 を引き起こしてしまうのです

 

しかし、『1回や2回の嘔吐・下痢なら、ちょっと様子見てみよう

と思って、そのまま様子を見ていたけど、なかなか治りません・・・と、2~3日経って病院に来られる方。

また、『食欲がここ2日くらいありません。でも、おやつは食べました

と言って病院に連れて来られる方。

この2つ、とても多いです

人間が2日も3日も下痢・嘔吐が続いたら、どうしますか

仕事や学校なんて、行ってられないですよね

体調が悪くて食欲が無いお子さんに、何か食べるものを・・・と思ってポテトチップスやチョコレートは与えないですよね

下痢・嘔吐は、場合によっては大きな病気が隠れているサインでもあります

そして、おやつでは栄養は補えません

いつもと様子が違うな?と感じたら、大事に至る前に対処してあげましょう

何かあってからでは、後悔しか残りませんよ

病院に連れて行ったほうがいいか迷う時は、お電話で問い合わせてもらっても構いません

 

まだまだ不安定なお天気が続きそうです。コロナウイルスの感染も拡大しています

動物も人間も より一層、体調管理に気を配りましょう

 

8月20日は井上院長の4?歳の誕生日でした

年齢は・・・ぜひ病院に来られた時に尋ねてみてください

年相応なのか・・若く見えるのか・・老けて見えるのか・・

年齢を聞いた時のリアクションによっては、診療代が変わるかもしれません(笑)

 

ちなみに、兎年です🐰

 

8月の診察スケジュール

8月の休診日をお知らせします。

9日(月) 振替休日のため休診
15日(日) お盆休み
19日(木) 臨時休診
毎週水曜日
毎週土曜日午後

※8日(日)は祝日ですが通常通り診察いたします。
お間違えのないようにお願いします。

暑い日がまだまだ続きます。
犬や猫は基本的に汗をかけませんので暑さに弱いです。
クーラーをかけて、熱中症にならないように気をつけましょう!

ワクチンアレルギー💉

こんにちは(*´ω`*)

不安定なお天気が続いていますね

巷では、新型コロナウイルスのワクチン接種もはじまり

医療関係者以外の方で、接種したよ!と言う声もちらほら耳にするようになりました

私も基礎疾患有り枠で、一足先に一回目の接種を終えてきました。

皆さん気になるのは、やっぱり接種後の副作用(アレルギー)ですよね

この、ワクチン接種後の副作用(アレルギー)、実は犬や猫でも起こります

 

どんなワクチンも接種するにあたって、第一条件は健康で体調に問題がないことです。

 

ワクチン接種は、動物にとってストレスとなります

当院では、

ワクチン接種の前後1週間はトリミング(シャンプー)やホテルへのお預けは避けてください

と、お伝えしています。

人は基本、毎日お風呂に入りますよね毎日のことなので、お風呂に入って体調が悪くなる・・・ということは滅多にないと思います。

しかし、犬は毎日お風呂に入りシャンプーをするということはありません。大体が月に1~2回くらいではないでしょうか?

猫は、元々が濡れることを嫌がるので、シャンプーをすること自体がほとんどありませんよね。

犬や猫にとって、このシャンプーはかなりのストレスとなります

シャンプーをした翌日、「吐いた」「下痢した」「元気がない/食欲がない」等など、一度は経験があるかと思います。

動物病院に来て注射を打たれるこれだけでも犬や猫はストレスなのに、シャンプーという追い打ち・・・体調の悪化しか予測できません

また、ホテルに預けたり、一緒に旅行に行くことも、環境の変化によるストレスがかかるので、ワクチンは予定をしっかり確認してから接種することを心掛けましょう

 

ワクチン接種は17時までにご来院ください

当院は土曜を除いて、19時まで診療を行っています。

どんなに体調が良くても、ワクチンを接種後ワクチンアレルギーが現れる可能性があります

 

一般的に、即時型アレルギー(アナフィラキシーショック)と非即時型アレルギー(遅延型アレルギー)と呼ばれる二つのタイプがあります

即時型アレルギーはワクチン接種後、数分から1時間以内に、急にグッタリしたり、低体温になったり、呼吸困難になったりなど、呼吸器・循環器系の症状を示し、最悪死に至ることもあります

 

非即時型アレルギーは、ワクチン接種後1時間から24時間以内に、顔が浮腫んだり、蕁麻疹や皮膚の赤み、下痢・嘔吐、接種部位の痛みなどの症状を示します

 

もし、病院が閉まる19時ギリギリにワクチンを接種して、その1時間後にアレルギーが出てしまうと・・・

病院にはスタッフはおらず、井上院長も自宅に帰り、大好きなビールで一杯やっていることでしょう

お酒が入った井上ヘベレケ院長は、まともに治療なんかできません(というか、させられません)

時間帯的に、ほとんどの動物病院は閉まっているので、アレルギーが出てしまうと対処が遅れて命に関わります

当院では、なるべくアレルギーの出にくいワクチンを取り扱っていますが、最低でも、病院が閉まる2時間前までご来院いただき、ワクチン接種後もよく観察して、何か異変があればすぐに動けるようなスケジュールにしておくとよいでしょう

 

今までアレルギーなんか出たことがないから、うちの子は大丈夫‼

と思っていても、ある日突然現れるのがアレルギーの怖いところです

(人も突然花粉症になったりしますよね⁉)

ワクチン接種時期が近づいた時、このブログを思い出していただけたら幸いです