2022年‼

こんにちは(*´ω`*)

お正月休み、皆さん満喫できましたか

自分ももらっていたお年玉、今では甥っ子姪っ子に渡す側になり、どんどん額も上がり

大人って大変なんだなぁ〜・・・と、お正月が来るたびに思い知らされます(笑)

 

さて、たくさんの年賀状ありがとうございました

早速、待合室に掲示しました

IMG_2186[1]_R

お時間に余裕がありましたら、見てみてくださいね

 

今年もwithコロナが続きます

感染防止のためマスク着用、受付後はお車での待機(お車でご来院の方のみ)、診察室には1〜2名のみ入室、待合室はお会計待ちの方のみのご利用

今一度、ご協力のほどよろしくお願いいたします

 

そして、井上院長のダイエットももちろん続きます(笑)

どうやらお正月太りしたとか・・・・・・

今からが見ものですね

2022年もよろしくお願いします

年末年始と1月の診察スケジュール

年末年始と1月の診察スケジュールは下記の通りです。

12月
30日 午前中のみ診察(午後休診
31日 休診
1月
1日 休診
2日 休診
3日 休診
4日 通常診療
5日 休診(水曜日のため)
6日 通常診療

10日 休診(祝日のため)

令和4年もどうぞよろしくおねがいします。

わかば動物病院 院長 井上孝正

IMG_2177_R

よいお年を♪

こんにちは(*´ω`*)

あっという間に今年も終わりですね

コロナウイルスの感染者もやっと落ち着いてきたと思ったら、新種株

この先、マスクをしていなかったあの頃に戻れる日は来るのでしょうか・・・

 

さて、年内は30日(木)の午前中まで診察しております。

年明けは4日(火)からですが、5日は水曜日なので休診です

 

年末年始は何かとバタバタして、人の行き来や夜更かし等で環境の変化が起こりやすいです

環境の変化に敏感な動物は体調を崩しやすいので、なるべくいつも通りの生活が送れるよう心掛けてあげてくださいね

 

年賀状の準備、着実に進んでおります

井上院長のコメント、楽しみにしていてくださいね

また、皆様からの年賀状もお待ちしています

待合室に飾りたいので、渾身の一枚を撮ってぜひ、うちの子自慢をしてください

 

2021年、このブログを読んでくださりありがとうございました。

2022年も宜しくお願い致します

それでは、よいお年をお迎えください

12月の診察スケジュール

12月の休診日は下記の通りです。

14日(火)臨時休診
30日(木)午後休診(年末のため)
31日(金)休診(年末のため)
毎週水曜日
毎週土曜日午後

年末は30日(木)午前中まで診察をします。
年始は4日(火)から診察をスタートする予定です。

お間違えのないようによろしくお願いします。

わかば動物病院 井上

グレインフリーは体に良い!?

こんにちは(*´ω`*)

早いもので、今年も残り2カ月を切りました

まだまだ油断はできませんが、新型コロナウイルス新規感染者も減り、少しほっとしますね

 

皆さんは、体に気を使って食事を『グレインフリー』もしくは『グルテンフリー』にしていますか

最近、市販のペットフードにもこの『グレインフリー/グルテンフリー』と表記された商品をちょこちょこ見かけます。

グレインフリーとは、穀物を原材料に使用していないということを指します

グルテンフリーとは、麦類全般に含まれているタンパク質の一種が使用されていないという意味なのですが、最近は麦類が入っていないという意味で用いられることもあります

 

ではこのグレインフリー/グルテンフリー、どんな子におすすめかと言うと・・・

穀物に対して食物アレルギー体質の動物

穀物に対して食物アレルギーの可能性がある症状がある動物(皮膚トラブルや下痢)

になります‼

 

診察で、今食べているご飯は何ですか?と尋ねると、『〇〇(メーカー名)のグレインフリーを・・・』、『ネットでグレインフリーのを見つけたので、それを・・・』と、最近よく耳にします

更に、なぜそのご飯にしようと思ったのですか?と質問すると、ほとんどの方が『体に良さそうだから』、『人でも流行っているから』と答えられます

 

では、本当に体に良いのか・・・・・・・・・

 

答えは、『基本的にメリットはなく、場合によっては避けた方が良い』 と当院は考えています

 

先ほどにも書いたように、穀物に対して食物アレルギーの動物(食物アレルギー検査をした動物)や、その可能性がある症状の動物には、食べさせるメリットはあります

しかしながら、穀物を制限する代わりに肉類や豆類が多く含まれることによって『高タンパク』、『高リン』というデメリットに繋がってしまう場合があります

人では、ダイエットや筋肉のためにと低糖質・高タンパク食品がたくさん出回っています(私も体重が増えたときは意識して買ったりしています)

グレインフリー/グルテンフリーのフードは炭水化物の割合が少ない分、タンパク質(肉や魚)の割合が高くなっている場合があります

高タンパクは、成長期の動物やスポーツドッグなどにはおススメですが、腎臓病や尿石症の動物はタンパク質を制限する必要があります。特に高齢の動物は、血液検査で腎臓の数値が正常だったとしても、腎臓病が隠れている可能性があるので、高タンパクは避けたほうがいいでしょう

リンとはミネラルの一種で、肉に多く含まれています。たくさん摂取してしまうと、カルシウムとのバランスが崩れてしまい骨が弱くなったり、尿石症へのリスクが高まったり、腎臓病を悪化させることがあります

またアメリカでは2018年に、グレインフリーフードによりタウリン欠乏症になり、拡張型心筋症という心臓病を引き起こすという報告も上がっています

(※日本での報告は今のところありません)

 

当院に来る尿石症の子たち、なぜかネットで買ったグレインフリーフードを食べている子が多いです

続けて多いのが、下痢 本来なら、お腹の調子を整えてくれるはずが、食物繊維が豊富すぎるせいか下痢になってくる子が目立ちます

 

どうしても、『獣医師推奨‼』と書いてあると体に良いと思い込み、購入を決めてしまいがちです

ですが、獣医学会やセミナー、講演会等で『グレインフリー/グルテンフリーにしましょう』という議題は、実はほとんど発表されていません

 

健康な動物が、グレインフリー/グルテンフリーのフードを食べても、何か体に良い影響がある訳ではありません

 

もし、うちの子のフードは合っているのか?と悩んだときは、いつでも気軽にご相談ください

 

ちなみに井上院長は、『俺は肝臓が悪くなって、医者にお酒をやめるように言われても、絶対にやめない‼‼』と言い張っていました

そろそろ暖房器具の準備を

こんにちは(*´ω`*)

急に寒くなりましたね

そのせいか、お腹の調子を崩してくる子が増えています

お留守番させる際は、暖をとれるよう工夫してあげてくださいね

 

さて、秋の健康診断キャンペーンは10月いっぱいまでとなります

前回のブログを見てくださり、気になったのか尿検査希望の飼い主さんが増えました

合格もあれば、不合格も・・・

結石になる前の結晶(砂)がある子がちらほら見られました

早期発見食餌の改善だけで済むことも

『うちの子は大丈夫かな』と思ったら、尿を取って(当日の)持って来てください

まだ間に合いますよ〜

いつも食べているものは・・・❔

こんにちは(*´ω`*)

いつの間にやら、過ごしやすい気温になりましたね

温度差で、体調を悪くされたりしていませんか?

秋はやっぱり『食欲の秋』につきますよね

焼き芋、ちょっとだけとついつい与えていませんかぁ〜

 

当院は食べ物に関して、少々厳しく指導しています。

理由はいくつかあるのですが、その前にコレ、何だと思いますか⁇

IMG_2022

コレらは、わんこにゃんこの膀胱から取り出した『結石』です

 

何度もトイレに行く・・・

排尿ポーズをとるのにおしっこが出ない・・・

おしっこが赤い、ピンク色・・・等々、こういった症状がある時は、『膀胱炎』や『尿石症(膀胱結石)』が疑われます

膀胱炎は、治療でほとんどの子が改善しますが、尿石症になると手術が必要になる場合があります

こんな石が膀胱の中でゴロゴロと動いていたら、さぞかし違和感で気持ち悪いはず・・・

 

では、尿石(膀胱結石)はなぜできるのか⁉

一つは、犬種・猫種による体質です。こればかりは、色々と気を付けていてもできてしまう子はいます

もう一つは、食べ物によるものです。ご飯(フード)やおやつが原因で結石が作られてしまうことがあります

 

さて、思い浮かべてください

皆さんのお家にいる子たちが毎日食べているご飯(フード)の名前とメーカー、パッと答えられますか

診察中に『いつも食べているご飯(フード)は何ですか?』と質問すると

7〜8割の方が答えられません

 

これ、人で例えたら恐ろしくないですか?特に、毎日ご飯を作る方なら尚更・・・。

お米や食パン、スーパーではだいたいいつも決まったもの選びますよね?

醤油やお味噌、メーカー変わると味も変わるから、いつも同じものを買っているはず・・・。

旦那さんや子どもにお遣いを頼むときは『〇〇のお味噌!』

違うメーカー買ってきたら、『これじゃない』←こんな会話、していませんか?(笑)

このように、ご飯(フード)の名前やメーカーがわからないと、何が結石の原因になっているのか、結石ができやすい原料で作られていないか、等の判断ができません

ペットブームの昨今、市販では沢山の種類のご飯(ペットフード)が売られています。

当然、私たちは全てを把握している訳ではありませんが、中には時々、結石が顕著に現れるなぁ・・・という種類のものもあります

食べ物で健康を保ってほしい・・・という願いで、いつも厳しく指導させてもらっています

 

9月27日(月)から10月いっぱいまで、『秋の健康診断キャンペーン』をおこないます

うちの子の膀胱に結石はできていないかと気になる方!

尿検査をすれば、結石の有無を知ることができます

お家で尿を採取して、その日のうちに持って来ていただくと検査可能です(前日の物、冷蔵保存したものは検査不対応です。)採取の仕方がわからないときは、いつでも気軽にお尋ねください!

キャンペーン中は通常の半額で検査できるので、この機会にぜひ尿検査もやってみませんか

そしてその時は、ご飯(フード)の名前も憶えて来てくださいね(笑)

 

そう言えば井上院長、ジョギングで5㎏痩せたらしいです‼

毎日会うのでスタッフは気づかず・・・

診察中、『先生痩せましたね!』と言われると機嫌が良くなりますので、お声かけよろしくお願いします(笑)

 

10月の診察スケジュール

10月の休診日は下記の通りです。

19日(火)午後臨時休診(午前中は通常診療)
毎週水曜日
毎週土曜日午後

※11日(月)はカレンダーでは祝日になっていますが通常通り診察しています。

毎年恒例の健康診断キャンペーンを10月末までやっています!
この機会にぜひぜひ健康チェックをやってみましょう!

わかば動物病院 井上