はるちゃんが飲み込んだものは・・・?

こんにちは(*´ω`*)

雨による被害はありませんでしたか

 

今日は食べ物以外の誤飲についてお話します。

少々長くなりますがご了承ください<(_ _*)>

 

6月に入って間もなく、朝一番に電話が鳴りました

「猫が昨晩から何度も吐いています。」 猫のはるちゃん(当時7ヶ月)の飼い主さんからでした。

猫はもともと吐くことがあるので、毛玉かな?胃腸炎かな?と思いながらメモを取って聞いていると、耳を疑う発言が・・・

「パーカーのひもが無くなっています。」

・・・ ・・・ ・・・

ガーン😩

「もう一匹とひもで遊ぶのが大好きで、もう一匹が短いひもを吐いていました。」

更にガーン😫

「残りもひもが見当たらないので、もしかしたらはるちゃんが・・・。」

 

おそらくほとんどの動物病院が、誤飲で厄介なものワースト3に入るのが『ひも』だと思われます

では、『ひも』の何がいけないのでしょう?そしてなぜ食べてしまったのでしょう?

 

猫の舌がザラザラしているのはご存じですか?

犬の舌は人と同じように表面がツルツルしていますが、猫には“糸状突起”(しじょうとっき)というヤスリのような役割をする構造物があります。

猫は毛づくろいする時に、糸状突起を利用して抜け毛を飲み込みやすくしています。

この糸状突起のせいで、はるちゃんはスルスルとひもを飲み込んでしまいました

 

はるちゃんのお腹をエコー検査してみると、ひもは胃を通り越して腸まで流れていました

 

ひもなら、ウンチ💩と一緒に出てくるんじゃないの?と思いますよね。

 

胃や腸は、“蠕動”(ぜんどう)といって、内容物を肛門まで移動させる働きがあります。

ひもやひも状の物が腸に入ると、この蠕動のせいで腸がアコーディオンのように引き詰められてしまいます。

(お裁縫などでひも通しをする時、布を寄せて通しますよね?寄せて縮まった状態を思い浮かべてください)

引き詰められることで、腸の通り道は塞がれ、食べ物が通れず吐いたり、ウンチが出なくなったりします。

その状態で時間が経つと、腸が壊死したり、すり切れてしまう場合があるので一刻を争います

 

と言うことで、その日の昼休みはすでに2件の手術が入っていましたが、前倒ししで、診察の合間で終わらせ(井上院長汗だくで頑張りました)、はるちゃんの手術を昼休みに行うことになりました。

 

お腹を開けて腸を確認していくと、腸の一部が太く硬くなっています

「ここだな・・・」といって井上院長が腸を切って、中の黒いものを取り出します。

出てきたのはやはり『ひも』。ですが、かなり長い引っ張り出しますが終わりが見えません。なので、ここで一度ひもを切り、ひもの終わり部分がありそうな所をもう一度切ります。

同じように引っ張り出し、ようやく全てのひもを取り除くことができました

あとは切った腸を縫合し、お腹を閉じて終了です。

 

もちろんはるちゃんは入院。しばらくは固形物は食べられません

手術の翌日、はるちゃんは元気でした

まずは少ないお水からスタート。嘔吐がないか確認して、流動食(液体食)を与えます。

手術の2日後からは缶詰が食べられるようになりました

本来ならば、一週間ほど入院なのですが、若いはるちゃんは体力も食欲もあり、経過も順調だったため、術後4日での退院となりました

その後、抜糸を行い、もとの元気なはるちゃんに戻りました

ちなみに、はるちゃんが飲み込んだパーカーのひもがこちらです↓↓

なんと、70㎝越えでした

image1 (3)_R

ひもやひも状の物は本当に危険なので、くれぐれも注意しましょう

 

ちょっと解かりづらい文章だったかもしれませんが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

もう少し詳しく腸のことが知りたい!という場合は、ぜひ井上院長にいろいろ聞いてみてください(最後はBOSS頼み(笑))

image2_R

8月の診察スケジュール

8月(お盆期間中)の診察スケジュールは下記の通りです。

10日(月・祝)休診日(祝日のため)
11日(火)  臨時休診
12日(水)  休診日(水曜日のため)

13日(木)  通常診療
14日(金)  通常診療
15日(土)  通常診療(午後休診)
16日(日)  臨時休診
毎週水曜日 休診
毎週土曜午後 休診

※10日(月)から12日(水)は3連休となります。
フード等の注文はお早めにお願いします。

わかば動物病院 井上

新しい仲間⭐〜part2〜

こんにちは(*´ω`*)

雨雨雨……髪の毛がまとまらない嫌な季節です☔

 

さて、遅くなりましたが4月にもう1人新しくスタッフが加わりましたので紹介したいと思います

 

一言で表すと『天然』です(笑)

新しいことを見たり、学んだりした時のリアクションが抜群なので、教え甲斐があります

何かをし始める前や、重たい荷物を持つ時に「よしっ!」「よっ!」という気合の声が漏れて、平成生まれなのに何だか昭和の匂いがプンプンします(笑)

 

とても勉強熱心で頑張り屋さんなうえに、時々院内に出現するクモや蛾を平気でキャッチ&リリースしてくれるという頼もしい一面も持っています(今まではギャーギャー言って、井上院長に頼んでいました

若葉マーク🔰がどこかに付いてあるので、見かけたら応援してあげてください

 

実は、当院にはもう1人『天然』なスタッフがいます

お陰で、「ツッコミ」という仕事が倍増しました(笑)

雨にも新型コロナウイルスにも負けず、和気あいあいとしている毎日です

 

7月の診察スケジュール

わかば動物病院の井上です。

7月の休診日は下記のとおりです。
23日(木・祝)祝日のため休診
24日(金・祝)祝日のため休診
毎週水曜日
毎週土曜日の午後

22日(水)から24日(金)は3連休となりますのでご注意ください。

本格的にこれから暑くなってきます。
熱中症にならないように、室温の管理に注意しましょう!

井上

フィラリア予防は5月から!

今日は院長の井上です。

コロナウイルスのバタバタも一時よりはずいぶん落ち着いてきました。
僕はコロナでジムに行けなくなったので、ダイエットのために自転車通勤を始めました。
元々体を動かすことは大好きなので、自転車に乗るのは楽しいのですが、
帰宅後に飲むビールの量がかなり増えてしまい、ダイエットになりません(笑)

さて、ここから本題ですがフィラリア予防のお話しです。
鳥栖市で開業して7年目になりますが、当院だけでも毎年10頭前後の
フィラリア陽性犬をみつけます。

フィラリアは蚊を介して広まっていきます。
当院周辺ではもう先月から蚊が飛んでいます。
できるだけ5月中にフィラリア予防はスタートさせましょう。

ノミやマダニも一緒に予防できるオールインワンタイプや、
一回の投与だけで1年間予防できる注射タイプなど、
様々なお薬を準備していますので、お気軽にご相談ください。

井上

6月の診察スケジュール

6月の休診日は下記の通りです。

6月23日(火)臨時休診日
毎週水曜日
毎週土曜日の午後

23日(火)、24日(水)は連休となります。
お間違えのないようにご協力よろしくお願いします。

わかば動物病院 井上

ストレスで・・・⁉

こんにちは(*´ω`*)

世の中コロナコロナ……どこにも行けないG.Wが終わりましたね…

私も大好きなスキューバダイビングができず、ストレスでヤキモキしています

井上院長もジムに行けていないようで、お腹が目立ってきております←イジると怒られます(笑)

 

そんなストレス、実は動物たちも感じています

今回は猫ちゃんのストレスについて少しお話しますね。

ここ最近、吐く・お腹がユルくなる・何度もトイレに行く…といった症状の猫ちゃんが増えています。

飼主さんは「キャットフード以外は与えていない」、「トイレ(トイレ砂)は今まで通り」など、特に何も変わっていないとおっしゃります。

ですが、コロナで在宅ワークになったり、休業や休校で家に居る時間が長くなったりしていませんか

実はコレが猫ちゃんの体調を崩す原因になっていたりします

今までは飼主さんが仕事や学校に行っている間、休日以外は猫ちゃんは一匹でお留守番でした

一日を寝て過ごしたり、ソファーを独り占めしたりと、のんびりと過ごす生活を送っていました

それが何故か、毎日家に人が居るいつも以上に触られたり(構われたり)する

こういった状況が猫ちゃんにとってはかなりのストレスになり、胃腸炎膀胱炎を引き起こしたりするのです

何だか悲しいですが、逆の立場になって考えると理解できますよね

なので、必要以上に触らない(構わない) 長時間同じ空間に居ないことをおススメします

そう言えば、いつも以上に吐いているカモ おしっこの回数が増えたような…

こういった変化が見られたら、少し様子をみようではなく、いつでもお問い合わせください

早期発見早期治療を心掛けましょう

 

5月(ゴールデンウィーク)の診察スケジュール

5月の診察スケジュールをお知らせします。

1日(金)通常診療
2日(土)通常診療(土曜日のため午後休診)
3日(日)通常診療
4日(月)休診日(祝日のため)
5日(火)休診日(祝日のため)
6日(水)休診日(水曜日のため)
7日(木)通常診療

その後は、通常通り水曜日と土曜日午後が休診となります。
5月は臨時休診日はありません。

2日、3日、7日は混雑が予想されます。時間に余裕をもってお越しください。

狂犬病ワクチンや混合ワクチンなどはコロナウイルスが終息してからの接種をお勧めしています。

わかば動物病院 井上

狂犬病ワクチンは緊急事態宣言の期間が終了してからの接種をお勧めします

飼い主様へのお願いです。
狂犬病ワクチンはいつでも接種することができます。新型コロナウイルス感染症の蔓延防止の観点から、緊急事態宣言の期間が終了してからの接種を強くお勧めします。

犬を飼育されている方は、毎年4月1日から6月末までの期間に、狂犬病の予防接種を受けることが狂犬病予防法で義務となっています。しかし、現在は狂犬病ワクチンを接種することよりも、コロナウイルス感染症の感染拡大を防止することが重要と考えています。今はできる限り「Stay Home」に努め、1日も早くコロナウイルスが終息するように頑張っていきましょう。

成犬、成猫の混合ワクチンについても同様に、コロナイウルス感染症が落ち着いてからの接種を強くお勧めします。前年のワクチンの効果が1年経過すると突然無くなるわけではありません。

なお、診察は通常通り行っております。
動物の体調が悪い場合には、遠慮なくご来院ください。

厚生労働省の新型コロナウイルスに関する飼い主様向けQ&Aも参照にされてください。

わかば動物病院 院長 井上

新型コロナウイルスの対策にご協力ください

4月11日、鳥栖市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されました。
当院ではこれまでもできる限りの対策を講じてきましたが、
今後は下記の通り飼い主様にもご協力をよろしくお願いします。

1.来院された飼い主様は、受付後は順番が来るまで車の中でお待ちください。
タクシー、自転車等でお越しの方、会計待ちの方のみ待合室でお待ち下さい。

2.できる限り、診察室には動物の症状等がわかる家族の方1〜2名のみの入室で
お願いします。

3.飼い主様のマスクの着用をお願いします。

以上、ご協力をよろしくお願いします。

わかば動物病院 井上